むくみはアルコールの影響でもある

飲み会などの次の日に起きてびっくり。顔がかなりむくんでいることがあるのではないでしょうか。また体がだるくなっていたり、足がむくんでいたりもすることがあります。アルコールの影響でむくんでいるのでしょうか。アルコールを摂取すると血管に影響を与えます。血管が拡張されるので、血のめぐりが良くなります。この効果は良いと思われがちですが、血管が拡張されることによって余計な水分があふれてしまい、細胞の間に水分が溜まることによってむくむという症状を起こします。飲み会などでアルコールを飲み過ぎると、次の日むくむのはアルコールの影響だといえます。アルコールは他に肝臓や腎臓に負担をかけてしまうので、老廃物の排出にも時間がかかってくるのです。通常の働き以外にアルコールを分解するという働きも必要になってくるからです。アルコールを摂取する際には水分もきちんととるようにしましょう。より一層むくむのではないかと考えられるかもしれませんが、アルコールによって利尿作用が働き、トイレに行くことで水分がなくなってしまいます。水分が不足すると脱水症状になってしまうので、体は多く水分を蓄えようと働きます。その為老廃物が排出されずより一層むくみやすくなるという悪循環になってしまうのです。アルコールと同じ量の水を飲むなら酔いにくくなるといううわさもありますが、むくみという面では正しいのかもしれませんね。また足りなくなった栄養素をむくみサプリメントから摂取することによってむくみを避けることができます。