思春期の男女に多い皮膚の悩みにはニキビが挙げられます。
ニキビは過剰な皮脂が分泌され、その皮脂が毛穴をふさいだり雑菌が繁殖して赤く隆起した症状がでる皮膚疾患です。
早い方の場合10歳くらいから発生する症状で、スキンケアをニキビ治し方用のものに変えたり、皮膚を清潔に保つことでニキビの気にならない肌に導くことができます。
思春期向けのニキビ肌用化粧品は多くのメーカーから販売されています。
男女問わず使うことができますので、洗顔料やニキビ化粧水、ニキビ乳液などをつかって肌を清潔に保ち、うるおいを補給するのがポイントです。
ニキビのできやすい肌は、洗顔が重要視されていますが、洗顔後何も塗らずにいると肌が乾燥してしまったり、乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあります。
ニキビ肌用洗顔料で肌を清潔にした後は、ニキビ化粧水で肌に水分を与え、炎症を鎮静化させる成分が配合されているタイプの場合、ニキビの改善を早めてくれる効果が期待できます。
ニキビ化粧水にも、より効果の期待できるタイプがあり、そのようなタイプは医薬部外品として販売されています。
特にクリニックから販売されているドクターズコスメには高い効果の期待できるニキビ化粧水が多く、肌に潤いを与えながら余分な皮脂をコントロールしたり、出来ているニキビを鎮静化させたり、肌のターンオーバーを促してくれる成分が入っています。
適切なケアをすることで、跡を残さないメリットがあります。